FXのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

【FX】相関が低い分散投資で効果的なリスクヘッジを

 

目次

 

  • 1:FXにおける効果的な分散投資とは
  • 2:相関が低い4つの分散投資
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    FXにおける効果的な分散投資とは


    FX

     

    リスク軽減のための分散投資をするなら、全く同じ、あるいは似たような相関関係にある通貨を買うと駄目(1つがダメなら、もう1つも同じような動きをする傾向があるため)。従って、『逆相関』か、『無相関(まったくかんけいのない動きをする)』通貨を組み合わせる。

     

    相関関係にある通貨に投資する場合の戦略は、1つがもう1つの通貨と違う動きをしたとき、例えば、値上がりしている方を売り、上がってない方を買う。そうすれば、その両方ともいずれまた『同じような動き(相関関係にあったから)』をする可能性があり、動きを読むことが出来る。


    基本的に、米ドルとユーロは反対の動きをする。円に対して米ドルが上がると、円に対してユーロが下がる傾向がある。つまり、米ドル/円を持つなら、ユーロ/円にも分散投資をすると、リスクヘッジとなる。


    同じ大陸の通貨は相関が高い傾向にある。

     


    相関が低い4つの分散投資


  • 1)米ドル/円と南アランド/円
  • 2)ユーロ/円とNZドル/円
  • 3)NZドル/円と米ドル/スイスフラン
  • 4)豪ドル/円と米ドル/カナダドル
  •  

    円高のリスクを減らすためには、対円以外の通貨ペアを入れていくことがポイント。例えば、

     

  • 豪ドル/円
  • 米ドル/円
  • ユーロ/スイスフラン
  •  

    の3つの組み合わせを持つことは分散効果がある。または、

     

  • 英ポンド/スイスフラン
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  •  

    の3つ。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 証拠金取引とレバレッジのわかりやすい仕組み+甘い罠
  • 知れば得する!FXで儲けて成功する為の11のポイント
  • 今更聞けない!FXや為替相場の20の基本知識と歴史をおさらい
  • かつてFX投資家がこぞって愛したスワップ収入の実態
  • 手数料の安いネット銀行やFX業者への振込を無料でしてくれる銀行とは
  • 通貨の価値に影響を与える11のファンダメンタルズ
  • 政策金利発表のタイミングと重要な経済指標や世界の要人とは
  • 【FX】歴史的な3つの金融未熟時代を紐解く
  • FXで注意するべき4つのリスクとマーケットインパクトの大きい5つの要因
  • 通貨の価値や為替が動く主な要因27
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    株

    株のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP