FXのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

証拠金取引とレバレッジのわかりやすい仕組み+甘い罠

 

目次

 

  • 1:証拠金取引のわかりやすいしくみ
  • 2:レバレッジをどう解釈するかで大きく運用が変わる
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    証拠金取引のわかりやすいしくみ


    10万円しかないのに、FX業者が100万円分の外貨を自分に売る。どういう仕組みかというと100万円分の外貨が90万円分の価値まで値下がりしたら、FX業者は勝手に処分してしまう(強制決済。強制ロスカット)。だから業者は90万円とこっちの10万円を足して100万円に戻るので、損はしないという計算。

     

    証拠金取引では、リスク管理が不可欠。投資の上手な人ほど徹底的にリスク管理をしている。(※ストップオーダーを出す等)

     

     

    レバレッジをどう解釈するかで大きく運用が変わる


    レバレッジが高い=少ない証拠金で取引できるわけですが、このあたりは要検討する必要があります。ギャンブル的要素があるからです。

     

    レバレッジ10倍なら、儲けも10倍ですが、損も10倍です。ここは、『最初は2~5倍程度にしておいて、20~30万円くらいでスタートするのが良い』と推薦する経験者の意見を素直に効いた方が良さそうです。

     

  • (1ドル=100円)10万(保証金)⇒100万円(証拠金)の10倍の場合
  • 1ドル=95円に下がって含み損発生すると、証拠金が95万円になり、保証金も5万へ(この時点でマイナス5万)。つまり、レバレッジが10倍なら為替レートが1円下がると、1万円の損失が発生します。

     

    ※ここに高レバレッジの罠があるわけです。為替が1%下がるということは日常茶飯事。長期保有の場合はレバレッジは下げるのが原則ということです。だから皆、高レバレッジを『短期戦略』で行うんですね。

     

    例えば、1ドル100円のとき
    勝ちの場合
    1)レバレッジ1倍で100万円⇒1円の円安(101円)⇒1万円の利益
    2)レバレッジ25倍で100万円⇒1円の円安(101円)⇒25万円の利益

     

    負けの場合
    1)レバレッジ1倍で100万円⇒1円の円高(99円)⇒1万円の損失
    2)レバレッジ25倍で100万円⇒1円の円高(99円)⇒25万円の損失

     

    人間には、利益には保守的に、損失には博打的な行動を取る傾向、『損大利小』の傾向があります。これを『損小利大』にしなければならないわけです。

     

     

    ダニエル・カーネマンのプロスペクト理論


    例えば、

    質問1 目の前に以下の選択肢が与えられたとします。

     

    A、100万円が無条件で手に入る。

    B、コインを投げ、表が出たら200万円を手に入れられるが、裏が出たら何も手に入らない。

     

    質問2 あなたは200万円の負債を抱えているものとします。

     

    そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとします。

     

    A、無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。

    B、コインを投げ、表が出たら200万円減額されるが、裏が出たら負債総額が変わらない。


    とあった場合、質問1に関しては多くの人が、確実に100万円が手に入る『A』を選択肢、質問2に関しては、質問1で『A』と答えた人のほぼ全ての人が、『B』を選択するというのです。

     

    この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると『利益が手に入らないというリスク』の回避を優先し、損失を目の前にすると『損失そのもの』を回避しようとする傾向があるということ。これが『プロスペクト理論』です。

     

    レバレッジ(てこの原理)を上手に活用できる人は、大きな出力を操る人と言えそうです。

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 【FX】相関が低い分散投資で効果的なリスクヘッジを
  • 知れば得する!FXで儲けて成功する為の11のポイント
  • 今更聞けない!FXや為替相場の20の基本知識と歴史をおさらい
  • かつてFX投資家がこぞって愛したスワップ収入の実態
  • 手数料の安いネット銀行やFX業者への振込を無料でしてくれる銀行とは
  • 通貨の価値に影響を与える11のファンダメンタルズ
  • 政策金利発表のタイミングと重要な経済指標や世界の要人とは
  • 【FX】歴史的な3つの金融未熟時代を紐解く
  • FXで注意するべき4つのリスクとマーケットインパクトの大きい5つの要因
  • 通貨の価値や為替が動く主な要因27
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    株

    株のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP